home > creation2

クリエーション@大船渡市三陸町越喜来

三陸町越喜来にある津波記念館「潮目」では、碁石海岸で振付されたパフォーマンスと趣をかえ、剣舞の祈りを心に、即興で感じたままを踊る。
踊り手同士、またそこにある建物や土地の持つ時間と空間との対話が身体の動きから感じられる。すぐ側で防潮堤を建設中の重機の駆動音がメトロノームのように時を刻み、その音が時間を超えて繰り広げられる自然の営みを一層強調している。
この数日間でミロトさんが感じ、経験したことが彼の身体を通して音となりダンスとなった瞬間だったように思う。土地の記憶と向き合い、時に傷跡をも抱えて踊ること、、不用意には決して挑めないことだと思ってきたが、この瞬間に立ち会った時、そして郷土芸能との対話が存在することを実感した時、少し可能性を実感できた瞬間だった。

IMG_9465.JPG

IMG_9474.JPGIMG_9469.JPGIMG_9465.JPG

home > creation2